会社情報

ニュースリリース

【印刷コラム】FSC(森林認証)の封筒を作ろう!!


最近、色々な箱でFSCマークが入った製品をよく見るようになりました。FSCとは、”Forest Stewardship Council”の頭文字を取ったもので、森林管理協議会という国際的組織のことです。深刻な森林破壊を問題として捉え、持続可能で適切な森林管理を世界に広めることを目的に設立されました。森林から紙をつくり、製品にするまでの全ての行程が適切に管理されている製品にFSCマークを入れることができるのです。

せっかく当社もFSC認証資格を持っているのだから、社用の封筒などもFSC認証紙で作成しようという話が出ました。封筒にFSCマークを入れる場合、以下の2つの方法が考えられました。

①FSC認証を持っている外注先に封筒作成を依頼する
②自社で印刷して、FSC認証時に外注先として契約している製袋外注先に製袋を依頼する

※FSC認証に関する契約を結んでいる外注先でないと、マークをつけることはできません。

早速、①について調べると、色々な制限があることが判明しました。まず、紙の選択肢が少ないこと。中身の文字などが透けない封筒用の紙は、FSC未承認でした。また、承認済みの紙の場合、認証番号入りのFSCマークが先に印刷してあるために、当社の認証番号のFSCマークを入れることができないと分かりました。
※FSC製品は、付与されているライセンス番号で、どの会社で作成されたかが分かるようになっています。

そこで②について検討することになりました。この方法だと、選択できる紙の種類がかなり増えます。印刷内容も自由自在です。ただし、封筒の中身の文字が透けないようにするために、どのように細工するかだけが課題となりました。

とりあえず封筒の内側に印刷して文字を透けないようにしようと考え、試し刷りしてみると…かなり透けています(T_T)

中身の文字が透けないようにするためには、透けにくいインキを使う必要があります。それは、墨、白、金、銀などです。白だと文字の色が濃いと中身が透けそう、墨だと封筒の表面に濁りが強く出てしまいそうとのことで、銀で印刷してみましたが、まだ透けます。

そこで考えたのが墨の網点を入れる方法です。最も遮光性のある墨インキを使い、網点なので封筒の表面に出る濁りを軽減させることができます。【中身の文字が透けない】ことと【封筒表面の濁りが目立たない】ことを両立させるには網点を何%にするのがベストなのかを探るために40%をベースに、余白に10~90%くらいの網点の階調パッチを付けて印刷しました。大体30%くらいで中身の文字は透けなくなりましたが、濃度のブレ幅も考えて40%にすることにしました。

この方法でFSC認証紙でも透けない封筒が作成可能になりました。請求書や納品書にFSCマークを入れることは、環境への取り組みにとって良い方法です。今回、協力してくれた印刷オペレーターや製版の担当者に感謝です。

2021年8月3日

丸信からのご案内

三方よし通信
スリーエス通信
株式会社丸信社長のブログ
丸信保育園
SDGsへの取りくみ
丸信 youtube公式アカウント

丸信の提供するサービス

ラベル印刷・シール印刷.com
紙箱・化粧箱.net
Yahooシール
食品表示.com
食品衛生.com
丸信×LINE公式アカウント店舗向けパートナー
丸信×indeed
九州お取り寄せ本舗
ショクビズ
食品業界お役立ちネット
食品OEM総合サイト
地域未来牽引企業

地域経済への影響力が大きく、さらに成長性が見込まれる企業として経済産業省より「地域未来牽引企業」に選ばれました。

プライバシーマーク

お客様の個人情報を取り扱う事業者として適切な管理・運営を行う為にプライバシーマークを取得しました。

全日シール認定 技術優良工場認定

技術優良工場認定証
株式会社 丸信
全日シール認定
(2021~2022)
技術優良工場認定

iso9001

JQA-QM6904
株式会社 丸信
本社・山川工場
(シール・紙器印刷加工)
ISO9001取得

iso14001

JQA-EM4207
株式会社 丸信
本社・山川工場
(シール・紙器印刷加工)
ISO14001取得

JAPAN COLOR標準印刷認証 認証基準Ver.1.2

JC-S018804-01
株式会社 丸信
紙器印刷加工工場
JAPAN COLOR
標準印刷認証 認証基準Ver.1.2

全印連工CSRワンスター

中小印刷業者が取り組むべきCSR関連の活動項目について、その基準の達成度を評価する「全印連工CSRワンスター」に認定されました。

パートナーシップ構築宣言

サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築する「パートナーシップ構築宣言」を行いました。

事業継続力強化計画認定マーク

防災・減災に取り組む
「事業継続力強化計画」認定

福岡県障がい者応援まごころ企業認定マーク

障害者の方が作るまごころ製品を年間10万円以上購入している企業を対象に福岡県が認定する制度です。