会社情報

ニュースリリース

【社長コラム】最低賃金と生産性向上


先日、過去最大の最低賃金の引き上げが発表されました。「このコロナ禍になんで?」と率直に思いました(経営者の方は共感して頂けると思います)。即座に日本商工会議所などの中小企業の諸団体は強い反対を表明しています(昨年はコロナで引き上げが見送られました)。

ただ一方で日本の最低賃金は先進主要国では最下位であり、いまや韓国よりも低いのも事実のようです。最低賃金を国際水準まで断続的に上げるのは菅首相の強い意向でした。今後、政権が変わって政策が変わる可能性はありますが、私は今後も上がり続けると覚悟しています(この執筆時点では次の首相は決まっておりません)。

その理由はやはり労働人口の減少です(下のグラフは弊社の節目節目の会議で必ず社員さんと眺めているものです)。この国は、人類の有史で経験のないほどの急速な人口・労働力の減少に直面します。若い人の取り合いはもう数年前から始まっています。今後も坂を転がるように採用環境が悪化し続けるのは間違いありません。政府が最低賃金を上げなくても、自ずと給与水準を上げないと人を確保できなくなると予想されます。もう女性の社会進出は一巡しましたので、残るは65歳以上の高齢者の労働参加と外国人だけとなります。弊社も利用していますが、海外から批判の強い技能実習制度がどれだけ続くのか不明です。

そもそも、これだけの減少を補うには毎年60万人~70万人の新規の外国人が必要となります。高齢者も70代前半くらいまではお元気ですが、流石に75歳、80歳で働く意欲と健康を維持しておられる先輩方は減るでしょう。そうなると残される道は、より少ない人数で生産性を上げて、今の仕事量を受け持つしかありません。政府の基本方針もこの生産性向上にあるようです。さもなければ、GDPを維持できませんし、高まる医療、年金、福祉などの社会保障費を賄うことができないからだと思われます。実は国際的な統計では最低賃金と生産性の間には強い相関関係があるのが示されており、生産性向上の為にはまずは最低賃金UPだとなったのだと思います。

いずれにしても最低賃金の上昇は企業として人件費の上昇に直結します。付加価値や生産性の向上を目指さないと、ただ利益が減り、赤字転落になるだけです。生き残りを賭けて、賃金を上げることと生産性を上げることとを両立させるしかないのだと覚悟しています。

弊社は概してITリテラシーの高くない社員を大勢抱えてしまっています。恥ずかしながら何十年も仕事のやり方が変わっていない部門もあります。今はまず、「RPA」や「DX」だと言葉のシャワーを浴びせることから始めています。変化を常態化させなければと一人焦っておる所です。

2021年10月4日

丸信からのご案内

三方よし通信
スリーエス通信
株式会社丸信社長のブログ
丸信保育園
SDGsへの取りくみ
丸信 youtube公式アカウント

丸信の提供するサービス

ラベル印刷・シール印刷.com
紙箱・化粧箱.net
Yahooシール
食品表示.com
食品衛生.com
丸信×LINE公式アカウント店舗向けパートナー
丸信×indeed
九州お取り寄せ本舗
ショクビズ
食品業界お役立ちネット
食品OEM総合サイト
地域未来牽引企業

地域経済への影響力が大きく、さらに成長性が見込まれる企業として経済産業省より「地域未来牽引企業」に選ばれました。

プライバシーマーク

お客様の個人情報を取り扱う事業者として適切な管理・運営を行う為にプライバシーマークを取得しました。

全日シール認定 技術優良工場認定

技術優良工場認定証
株式会社 丸信
全日シール認定
(2021~2022)
技術優良工場認定

iso9001

JQA-QM6904
株式会社 丸信
本社・山川工場
(シール・紙器印刷加工)
ISO9001取得

iso14001

JQA-EM4207
株式会社 丸信
本社・山川工場
(シール・紙器印刷加工)
ISO14001取得

JAPAN COLOR標準印刷認証 認証基準Ver.1.2

JC-S018804-01
株式会社 丸信
紙器印刷加工工場
JAPAN COLOR
標準印刷認証 認証基準Ver.1.2

全印連工CSRワンスター

中小印刷業者が取り組むべきCSR関連の活動項目について、その基準の達成度を評価する「全印連工CSRワンスター」に認定されました。

パートナーシップ構築宣言

サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築する「パートナーシップ構築宣言」を行いました。

事業継続力強化計画認定マーク

防災・減災に取り組む
「事業継続力強化計画」認定

福岡県障がい者応援まごころ企業認定マーク

障害者の方が作るまごころ製品を年間10万円以上購入している企業を対象に福岡県が認定する制度です。