電話番号

採用情報

営業部門

「おはようございます!」今日も営業所内に軽快な声が響き渡る。 ひときわ大きな挨拶をする声の主は、体育会系出身の彼だった。

中学、高校と陸上部に所属し、1年365日部活に明け暮れた。専門は中・長距離走。高校3年のとき、県予選タイムでは決勝進出間違い無しと言われた記録を出すものの、準決勝で痛恨の怪我。高校3年間の集大成を見せる前に涙をのんだ経験を持つ。

我慢強くて誰にも分け隔てなく付き合う彼の魅力は、そんな環境と経験が育ててくれたのかもしれない。

小さな頃からモノを作り上げる過程が大好きだった。学生時代になると、卒業していく先輩達に刺激を受け、商社もいいなと思うようになる。一貫して共通しているのは、仕事に対するやりがいと情熱、そして喜びをお客様や関わる人たちと分かち合えること。体育会系の血がそうさせるのか、自分の将来像として、常に感動できる環境を求めていたように思う。

そんな彼の就活時代、転機が訪れる。知り合いからの勧めで「丸信」の名前が目に留まったのだ。「丸信のことは最初はよく知らなかったんですが、商社のような会社なのに印刷工場を持っている。シール分野では西日本最大級って、よくわかんない会社だなーと。」興味を持って調べていくうち、だんだんそれが非常にユニークな業態であることが理解できはじめる。「モノを作り上げることが好きだけど、商社にも憧れてた自分にとってはまさにぴったりの会社だと思えました。」採用が決まった時、友人達と祝杯をあげたことは今では良い思い出となっている。

「上司や先輩達がとても気さくで頼りになります。会社が従業員のことをしっかりと考えてくれているからでしょうか、オフィスの雰囲気がとてもいいんです。」会社や同僚にも感謝の気持ちを忘れない。むしろそんな彼の人柄がオフィスの雰囲気を和やかにしている。

「やっぱり、モノを売っておしまいって言う営業にだけはなりたくないですね。お客様の成功まで一緒に並走できるような、そんなビジネスマンになりたいです。道のりは長いかもしれないけど、大丈夫です。だって僕の専門は中長距離ですから(笑)」

そう笑顔で話す彼が最近うれしかったこと。「あるお客様のギフトパンフレットのお手伝いをやったんですが、『売上げが倍増した』って言って頂いた時は飛び上がるくらいうれしかったです。」 仕事の本質を知り、その喜びを得た彼の感動は聞いているこちらまでひしひしと伝わって来た。是非今後もそのお客様の発展の為に貢献してもらいたいものだ。

将来の目標

「お客様や会社にとって『お前がいないと困る!』と言われるような存在になりたいです。そのためにも、お客様はじめ、同僚や工場スタッフなど関わる全ての人たちに信頼される自分でありたい。だって、信頼できない人に誰が注文しますか(笑)?」 その爽やかな笑顔の瞳には、めらめらと燃える強い意志を感じる。そんな彼に更なる飛躍を期待したい。

先輩からのアドバイス

学生の出来るだけ早い時期から、ある程度「こういう業種の仕事がしたい」というような方向性を決めておくことが大切だと思います。あとはそれに向かってしっかりと準備をすれば、必ず希望の内定はもらえると思います。
もう一つ、学生の間に悔いのないように遊んでください(笑)。

スリーエス通信
Line@活用セミナー受講者募集
食品衛生プロジェクト
OEMマッチング
九州お取り寄せ本舗楽天市場店
九州お取り寄せ本舗直販店
三方よし通信
株式会社丸信社長のブログ