株式会社丸信

CSR基本方針

CSR基本方針

CSR基本方針

環境・安全・エネルギー・福祉・ライフスタイルなど、企業を取り巻く環境が大きく変化し、
社会から求められる様々な要請に応えるCSRが重要視される中、
丸信では製品の安全性や正確性、 環境への影響、ステークホルダーへの配慮を怠らず、
公正かつ透明、 そして公正な取り引をおこない、高い倫理観のもと
自社のみならず業界や社会の発展に寄与すべくCSRに取り組みます。

CSRへの取り組み

丸信では、全日本印刷工業組合連合会の「全印工連CSR認定制度」に沿ったCSRマネジメント体制を築いています。
以下の8つの領域において、CSRの推進活動を実施しています。

カテゴリ 概要
コンプライアンス 関係法令を遵守し、 不合理な商習慣には従わず誠実で公正な取り引きを行います。
環境 事業活動に関わる環境影響を掌握し、 環境負荷の低減のために自主的かつ積極的に行動します。
情報セキュリティ 社内外から得た個人情報をはじめとするすべての情報や 第三者の知的財産権等について適切に取り扱います。
品質 安全で信頼のおける製品及びサービスを提供し、 社会に有用なよりよい品質を追い求めます。
雇用・労働安全 従業員の人格・個性・成長を尊重し、 安全かつ働く喜びを感じられる環境を確保します。
財務・業績 財務に関わるあらゆる情報の収集および分析を行い、 不正を排除した健全経営を継続します。
社会貢献・地域志向 よき企業市民として地域社会と共生し、 地域の活性化、文化・経済の発展に貢献します。
情報開示・コミュニケーション ステークホルダーとの円滑なコミュニケーションに努め、 企業情報を適切かつ公正に開示します。

CSRマネジメントシステム

Plan(計画)→ Do(実施)→ Check(評価)→ Act(改善)→ Plan(計画)のサイクルをまわし続けることで
継続的なマネジメント体制を構築しています。

  • 1.「経営層」の責任

    • 1.1 「ビジョン」の策定
    • 1.2 リーダーシップ
  • 2.計画(Plan)

    • 2.1 ステークホルダーのニーズと
      社会的責任の明確化
    • 2.2 事業体に関係のある法律や
      その他のルールの把握
    • 2.3 倫理的行動規範の策定
    • 2.4 CSR方針の策定
    • 2.5 目的および目標の設定
    • 2.6 実施計画
  • 3.実施(Do)

    • 3.1 経営資源
    • 3.2 組織体制と役割
    • 3.3 自覚の促進と能力の開発
    • 3.4 CSRコミュニケーション
    • 3.5 文書管理
    • 3.6 運用管理
  • 4.評価(Check)

    • 4.1 不適合および対処、
      是正、予防
    • 4.2 記録管理
    • 4.3 内部監査
  • 5.改善(Act)

    • 5.1 マネジメント・レビュー