株式会社丸信

脱炭素(カーボンゼロ)への取り組み

脱炭素(カーボンゼロ)
への取り組み

当社のシール・ラベル、パッケージ等の印刷工場を含む本社事業所は、二酸化炭素(CO₂)排出量が実質ゼロ(※)となる仕組みで運用しています。
本社事業所で使用する全ての電力を再生可能エネルギー(再エネ)に切り替え、社有車のハイブリッド化等を進めることでCO₂削減を行い、
どうしても削減することできないCO₂については排出権(J-クレジット)を購入することで相殺、
これにより本社事業所のCO₂排出量を実質ゼロとすることができました。
※「サプライチェーン排出量」のスコープ1およびスコープ2が対象。「サプライチェーン排出量」については下記のサイトをご参照ください。

グリーン・バリューチェーンプラットフォーム(環境省公式サイト内)

CO2ゼロ印刷マークの
推進

貴社商品で脱炭素化がアピールできます。

世界共通の目標として各国で進められているカーボンゼロ(脱炭素化)は、企業が単独で取り組むには、設備投資や再エネ等の電力契約が必要であったり、事業運営体制の見直しを余儀なくされるなど敷居が高いのが現状です。
そこで、実質CO2排出量ゼロの印刷工場を運用している当社では、独自の「CO2ゼロ印刷」マーク製品を策定し、お客様がパッケージやシール等を通じて環境への取り組みをアピールできる仕組みを作りました。

表示できる3つの項目

01マークの表示

丸信独自のCO2ゼロ印刷マークを策定しました。マークは複数から選べます。
※マークの種類は別紙参照

02文章の表示

(環境配慮の文章例)

「パッケージ(PACKAGE)」以外にも製品タイプに合わせて「ラベル(LABEL)」「紙(PAPER)」等が表示できます。

03エビデンスの提供

https://www.maru-sin.co.jp/sdgs/carbonzero/
ゼロ印刷の根拠を示した当社専用ページの詳しい内容やリンク先をご活用できます。

※表示する項目はお客様のご要望に応じて①②③いずれの組み合わせも可能です。

表示するメリット

  • 商品購入者に環境に配慮した企業であることをPRできます。
  • 従業員や取引先に対する環境意識の向上にお役立ていただけます。
  • 地球温暖化防止、温室効果ガス排出削減、SDGs達成に貢献できます。

本社事業所における
CO₂排出量

電力消費量(2020/1~12):3,169,597kwh CO₂換算:0t※再エネプランによりCO₂フリー
ガソリン使用量(2020/1~12):33,768ℓ CO₂換算:79t
重油使用量(2020/1~12):19,906ℓ CO₂換算:54t
  CO₂排出量:計 133 t
J-クレジット購入:計 135t-CO₂
  CO₂排出量(実質):0t

よりよい未来へ。
消費者や企業の意識が
変わろうとしています。

主なカーボンゼロの
取り組み

カーボンゼロに関する当社の主な取り組みについては以下の通りです。

Scope1

Scope2

Scope3

その他の取り組み